2005年01月31日

★キャバ王登場!!


私の身近に「キャバ王」と呼ばれる男がいます。

今思えば、彼が私の人生を大幅に変更した人物かもしれません。


彼は、年に数百万円を注ぎ込むつわものです。

店はころころ変えないし、指名も変えません。

なぜか、彼が指名する嬢はなかなか辞めません。


彼は今でも行き続けていますが、

多分十数年で通算5名くらいしか指名嬢がいないかもしれません。



さて、スナックデビューを果たした私ですが、

「楽しかった!」という思いと、

「ボトルが残ってもったいない!」という思いで、

再度そのスナックに行くことを決意しました。


しかし、当然デビュー間もない私は一人では行けません。

そこで、友人でもあるキャバ王に同伴(?)をお願いし、

スナックへ行きました。


キャバ王は、非常に居心地が悪い雰囲気でした。


☆理由その1:【音楽がガンガン鳴らない】

キャバクラで音楽がガンガン鳴るのは、

耳を近づけなければ聞こえないような環境を作ることによって、

密着度を高めるとか。

静かで逆に落ち着かない。

オヤジの下手な歌が耳につくなども理由です。


☆理由その2:【女の子が若くない】

このスナックの女の子の平均年齢は多分20代後半。

大学生も何人かはいましたが、当然10代はいません。

彼の行っているところは、最高でも25歳くらいです。

比較にならなりません。


☆理由その3:【指名ができない】

スナックは何故か最初についた女の子は

その後もずっとそのまま席に着く傾向があります。

裏話ですが、指名ができないが逆指名は結構あるとか。

あの客に着きたいとか、あの客は嫌だとか。



さて、キャバ王がスナックを拒んだ理由を上記にあげましたが、

この辺は好みがわかれるでしょう。

この人(指名嬢)でなければならない、

なんとしても口説きたいとかだとキャバクラでしょうが、

単に女の子と会話をした程度であれば、スナックでも十分でしょう。


スナックの方が安上がりだから、

その浮いた分を高級レストランやプレゼントに還元すると

GETできる可能性もぐっと高くなるのでは?


スナックとキャバクラ あなたなら、どっち?


ここは彼のお気に召さなかったみたいで、

今度は彼の行きつけのキャバクラに連れて行ってもらうことになりました。


しかし、ここからとんでもないキャバクラ旅が始まるとは、

まったく考えてもみませんでした。




次回は、いよいよキャバデビューです。


第1章 第3回 『指名嬢はナンバーワン嬢』へ続く。。。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 13:48| キャバクラ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。