2005年02月23日

★キャバ嬢にヤラれた! 【キャバクラ体験談】

超かわいくて、ラブラブモードの優ちゃんに、

もう会いたくて会いたくてたまりません。


彼女は私のことを、すごく好きだと言っていました。

好きだから、キスもしたと。

その言葉を100%信じました。


ついに彼女ができた!

しかも、こんな美人。


そうして、キャバ王と再びランパブへ。


入り口で彼女を見かけ、彼女もこちらに気づきました。

彼女は私のことを当然覚えていました。

「彼氏だから当然」・・・バカだねぇ。


しかし、なかなか彼女は席に付きません。


今日は指名が入っているのか。

彼女は奥の方に見えます。


そうして彼女が移動しました。

しかし、私の席には来ません。


やっと、彼女がやって来ました。


「今日は指名がたくさん入ってるの?」と聞くと、


「たまたま重なっただけ」と彼女は答えます。


しかも私の席についているときに、

彼女の客が店に来たのか、

「ちょっとゴメン」と席を立ち、お客を迎えに行きます。


そうして、また彼女は席を離れて行きます。


そろそろ1時間が経ちますが、彼女は帰って来ません。


皆さんはもうお気づきでしょうか?


ヘルプでついていた子に聞きました。

「優ちゃん?この店のナンバーワンだよ」と。


ヤラれたぁ。。。


またまた指名嬢はナンバーワン嬢。


そうして、私が帰るぎりぎりのところで席に戻り、

延長をおねだりします。


かわいいけど、すごく裏切られた感じで。

やっぱりナンバーワンともなると接客がすごい。


前にナンバーワンの件がなければ、

このナンバーワン嬢の術中にハマっていたでしょう。


私は指名替えを決意!

前みたいに、 「男だったら指名替え!」と言いながら

ずるずる行くことはありません!


まだ、指名は1回だけ。

傷は浅いぞ!


ということで、本気で指名替えをしました。


でも、ナンバーワンってプライドがすごく高いので、

指名替えは、屈辱でしょうね。


指名替えをすると、お店の中ではすごく気まずくなります。

彼女が近くに来ると緊張したりします。


それでも、彼女とはもう口をきくこともなく、

同じ空間ですごすことになるのです。


ところが、この彼女とは数年後に再会しますので、

ランパブの優ちゃんを覚えておいてください。


次回は、このランパブで新しい指名嬢が登場します。



第2章 第4回 『キャバクラ出入り禁止!!』へ続く。。。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 22:07| キャバクラ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。