2005年02月25日

★キャバクラ嬢とは? <就業意欲編> 【キャバクラ資料室】

キャバクラ嬢の勤務形態は、大きく4つに分けられます。



1.フルタイム&バリバリやる気あり


基本的に、キャバクラが職業。

ほぼ、毎日店に入り、指名上位を狙う。

営業電話や営業メールはマメ、出勤の基本は同伴。

ある嬢は、次にいつ来るかを約束させるとか。


とにかく生活の全てがキャバクラ。


顔や会話に自信の無い子は、「枕営業」と言って、
お客とホテルに行って、指名を稼ぐ子もいる。

でも、こういう営業をする子は、消えるのも早い。

こういう噂ってすぐ広がる。

広める同僚のキャバ嬢もいれば、自慢げに話す客もいる。


そうなると、エッチなしには営業が成り立たなくなる。

こういう子は、次のステップ(風俗)に行くでしょう。

正直言って、あまり相手にしない方がいいタイプ。

エッチするなら、もっとリーズナブルな手段はいくらでもある。



2.フルタイム&やる気なし

キャバクラが仕事。これは、上記バリバリ嬢と一緒。

ところが、指名を稼ぐことに一生懸命ではない。


最初からやる気が無い子と、勘違いしてカラ回りしている子がいる。

勘違いとは、キャバクラの仕事しかしていないんだけど、

お客が彼女の方を向かない。

こういう嬢は、この仕事にむいていない。


やる気なしは、休みがちだったり、

話がぜんぜん面白ないとか、顔にやる気のなさがでている。

本当は辞めたいんでしょうね。



3.昼の仕事と兼業&バリバリやる気あり

これはすごいですよ。

ナンバーワンは、ほとんどがフルタイム系ですが、

たまに、昼間はOLで、夜はキャバ嬢(又は、昼は学生)という嬢もいます。


両立なのか、昼は適当なのかはわからないけど。

彼女たちの強みは、昼間の仕事の話ができることです。


お客さんは、やはりサラリーマンが多いと思いますので、

昼間の仕事の話は、結構有利でしょう。


このタイプの特徴は、寝不足の子が多い。



4.昼の仕事と兼業&やる気なし


はっきり言って、単なるバイト。

借金のある子や、旅行資金を溜める、ちょっとしたお小遣いが欲しいなど。

溜まったら辞めてしまうタイプです。

でも、お金が無くなったら復活したりします。


専業キャバ嬢は、キャバクラを「仕事」と言い、

兼業キャバ嬢は、キャバクラを「バイト」と言います。


フルタイム系は、結構店外デートは難しいのですが、

兼業やる気なしは、案外簡単にデートできます。


攻め方も、タイプ別に違うのでは?


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 21:13| キャバクラ資料室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。