2005年02月26日

★巨女は6人組 【キャバクラ体験談】

酔いがさめて。。。

昨日の出来事、半分は覚えていて、半分はよく覚えていません。

ただ・・・なんとなくランパブで大騒ぎした記憶が。。。


しばらくして、ありさ嬢から電話がありました。

彼女も彼女の友達も良く覚えていないとか。

ただ、あまり気にしないでまた来ればと言われた。


それから何度か、ありさ嬢とは出勤前に食事をして、

同伴することなく家に帰りました。


そうしてキャバクラに行かない日が続きました。


ありさ嬢から、みんなで鍋をやるから来ないかとの連絡。


みんな?何人来るの?

5人。


これは一人で行ってはもったいない。

さっそくキャバ王に連絡して、鍋料理店へ。


そこには、ありさ嬢と女子プロ嬢の他3名。

んー、何と表現したらいいか。

正直、あまりかわいくなくて、しかもデカい。


ひとりを除いては。。。


このひとり。

みんな巨大なのに、彼女だけは小柄。

乙葉似のかわいい子。

乙葉似の彼女は指名上位の子。

あとの4人は、下位指名を支えているといったところ。


それにしてもデカい。。。


平均身長167cmといったところだとうか。


5人組なの?と質問。

しかし、彼女たちは6人組。

もう一人は、指名替したナンバーワンの優嬢。


彼女は非常に怒っていたとのことで、

今回はあえて呼ばなかったと。


ホント、この世界。どこでどうつながっているかわからない。


とりあえず、キャバ王と私と5人組み。

2対5の合コンみたいになりました。


会は盛り上がったというより、

彼女たちの飲み会に我々が参加している感じです。


酔っ払ってけっこう乱れてきた頃、

そろそろ出勤時間ということで、彼女たちはいきなり化粧をし始めました。

マタもガバっと広げて、パンツも丸見え。

完全に我々が男だということを忘れている感じです。


まっ、パンツが見えても、彼女たちはランパブ嬢だから、

あとでたっぷりパンツが見えるわけで・・・


キャバ王は、アッケにとられていたましたが、

乙葉嬢を気に入って、今後彼女を指名することに。


キャバ嬢とプライベートで仲良くなったけど、

これでいいのかな?


この後、この連中とずるずるとお付き合いします。


第2章 第6回 『私の席は待機席』へ続く。。。



CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 16:39| キャバクラ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。