2005年03月05日

★キャバクラの客(その2)【キャバクラ資料室】

前回は、目的別にキャバクラの客を分析しましたが、
今回は別の視点でキャバクラの客のことを考えてみたいと
思います。

キャバクラ代は非常に高い。
はっきりいって、超高級までいかなくても、そこそこ高級ソープに
行くくらいの金額が一晩で消えてしまうことだってあります。

よく3000円くらい浮いたら、1回の飲み代分なんて言う人がいるが、
キャバクラはその比ではありません。

元手2、3万円でキャバ嬢をゲットできるのは達人中の達人でしょう。

1回2時間、セット料と指名料と税で1万円として、計2万円。
毎週通ったとして、8万円です。

それに、同伴やらアフターを入れると、10万円くらい使うでしょう。

月10万円の出費って、ばかにならないと思いますよ。

趣味がキャバクラだけではないでしょうから、お酒の付き合いとか、
趣味にお金を使うとか、その他いろいろと出費があるでしょうから。

これだけ注ぎ込んでも、ゲットできない人はゲットできません。

さて、今回強調したいことは、キャバクラに通うということは、
それだけの費用が必要です。

月に1回くらい行く程度なら、通常の飲み代に換算されるでしょうが、
月に10万円とは尋常ではありません。

クラブやスナックは、会社の接待費で行く人が多いのですが、
キャバクラを接待に使う人は、クラブやスナックよりは多くはないでしょう。

ということで、多くの方々が自腹で行きます。

キャバ嬢の方々はわかっているのか、わかっていないのか。
キャバクラに足しげく通うということは、大変なことだと思います。

キャバクラに来ている、多くの方々は一般のサラリーマンです。
たまに大金持ちも来ますが、全体を構成しているのは一般の方々です。

独身の男性なら、そこそこ収入のある人、
もし、既婚者でそれだけキャバクラに通っている人は、
ちょっとヤバい人でしょうね。

月に10万円くらいの小遣いがないと、キャバクラ通いは無理でしょう。
そんなにお小遣いをもらっている人は多くはありません。

今までは、クラブとかスナックなので、接待費で行けたオジサンたちも
キャバクラではそのようには行きません。

果たしてキャバクラ嬢と楽しい時間を過ごしたいだけで、このような
多額のお金を払うんでしょうか?

答えはほとんどが、その先を考えての投資でしょう。

キャバクラ嬢の方々は、多分そのことをご存知で、彼らをそこそこ引っぱって
いるのでしょう。

お金を使ってもらわなければ商売にならない、ただそのお金が余裕の中から
出ているのではなく、ほとんどの人が無理をして支払っているのだと思います。

ある人は(多分多くの人は)、消費者金融などからお金を借りて行っているでしょう。

キャバクラに余裕を持って足しげく通える金持ちは、そんなに多くはないし、
本当の金持ちは見栄もあって、高級なクラブに行きます。

キャバクラ嬢の方々で、特にこの世界しか知らない人は、それが当たり前の世界
だと思っているかもしれませんが、
世間一般から見ると、少々異常な世界で、来る客は決して一般的な金銭感覚の
人間ではないということを覚えておいていただきたい。

と言っても、このようなカモがいて、キャバクラという商売が成り立っています。

よく、キャバ嬢と一発ヤッたら元を取ったなんて言う人がいますが、
そんなんだったら、高級ソープやデートクラブにでも行った方が、
断然、投資効果がありますよ。

キャバクラ、それは最もコストパフォーマンスの悪い風俗でしょう。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 21:55| キャバクラ資料室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。