2005年03月10日

★キャバ嬢が銀座のホステスに 【キャバクラ体験談】

さて、今週末はキャバ嬢のお宅訪問です。

ホントかな? 営業かな?


半信半疑でありながら、とっても期待していました。


何時頃かな、待ち合わせはどこかな。

そうすると、愛嬢の方から電話がかかってきました。


「ゴメン、急な用事ができちゃったからその次の日曜でいい?」


との電話でした。


出ました!キャバ嬢お得意のドタキャン。

この頃は、そっかぁ、仕方ないな、と思いました。

しかし、時が経つにつれて、このドタキャンというのが、

だんだんと当たり前になってくるのです。。。


そうして、ドタキャンをされると、またかぁと思うようになります。


今や、約束してもほとんど信用ナシ。


たとえば、キャバ嬢と約束をして、本当に本人が来て、

あの約束は本当だったんだと思うようになりました。


ちなみに、同伴のドタキャンはあまりありません。

むしろ、お客側のドタキャンの方は多いかもしれません。


しかし、休日デートとなると、

かなり高い確率でドタキャンがあります。


ということで、私は初めてのキャバクラ嬢のお宅訪問の夢は、

ドタキャンによって、空しく散っていったのです。


まぁ、次の日曜日があるわけですし、次回に期待です。


それでも、気持ちは彼女と会う事でいっぱいだったので、

また彼女と同伴することにしました。


ちなみに、この愛嬢は同伴の食事代は彼女が払いました。


ランパブのありさ嬢もおごってくれるか、割り勘でした。


ただし、その後同伴の食事代をおごってくれるキャバ嬢は

ひとりもいませんでしたが。。。


そうして、彼女とお店に行くのですが、

お店の中では彼女は銀座嬢になります。


次の日曜日が近づき、また段取りの話で電話をしました。




・・・・不通。



電話にデンワ。



何回かけても留守電にしかなりません。

そうこうしているうちに、また次の日曜日が通過してしまいました。


それから何度かけても彼女は出ません。


しょうがないので、お店に直接行くことにしました。



お店の入り口で、愛さん指名と言うと、


彼女は辞めてしまったとのこと。



なんだぁ?



しょうがないのでお店に行って、

彼女と仲の良かった子を席につけてくれるよう依頼しました。


そのお友達の話だと、ここの店でスカウトされたらしく、

彼女は銀座に行ってしまったとのこと。


本当に銀座嬢になってしまった!!


随分経ってから、彼女から電話が来て、

銀座に移ったことを聞きました。


そうして、「お店に来てね!」


そんなとこ行けるかい! そんな金は無い!!


んなわけで、またありさ嬢のお店に戻ります・・・



第2章 第12回 『ランパブがセクキャバになった!?』へ続く。。。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 22:15| キャバクラ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。