2005年03月14日

★キャバ嬢に嫌われる客って? 【キャバクラ資料室】

キャバ嬢さんのサイトとかを見ると、嫌いなお客さんのタイプがいろいろと
綴られています。
「酔っ払い」「触る」「説教する」「外で会おうとうるさい」など。
一度キャバ嬢さんのサイトをご覧になってはいかがでしょうか。

まぁ、私も嫌われている中のひとりかもしれませんが・・・

さて、「キャバクラ攻略法って?」でも書きましたが、
これも別にキャバ嬢に限ったことではなく、キャバ嬢に嫌われる人は
一般の女性にも嫌われるんじゃないでしょうか?

一般の女性だって、酔っ払いは嫌いでしょうし、触る人は嫌でしょう。

ただ、ここで考えたいのは好きと嫌いは表裏ではないということです。

背の高い男性が好きな女性は、背が低い男性を嫌いかというとそうでもない。

説教する人が嫌いと言う人は、説教しない人が好きかというとそうでもない。

キャバクラ攻略の巻で話しましたが、キャバ嬢をゲットしたいと思っている方は、
それ以前にしなければならないことがあるのではないでしょうか。

それは、嫌われない努力と、好かれる努力です。

マイペースでキャバクラに行ってキャバ嬢にさんざん絡んで、
何回足を運んでも、キャバ嬢が一度もデートしてくれないなどと言っている
人も多いのかもしれません。

よく考えましょう。
キャバ嬢をホステス扱いをしていませんか?

オレは客だから、キャバ嬢はオレが気分よく飲めるようにするのが仕事だ。
これは、正解です。まったくその通りです。

ただ、キャバ嬢と友達になりたかったり、それ以上の関係になりたかったら、
この考えはウルトラ・バツです。

私は仕事でお客さんに会うことがありますが、非常に横柄な態度のお客さんも
います。

「オレの靴を磨け!」と言うお客さんはさすがにいらっしゃいませんが、
それに近いような態度のお客さんはいらっしゃいます。

もし、靴を磨けと言われたら、磨くかもしれません。
磨くことで大きな契約が取れるなら、それもありかなと。

キャバ嬢も嫌いな客でも客は客です。
嫌いでも、にこにことお客と接しているかもしれません。

でも、「オレは客だ!」的な態度だと、それ以上の関係にはならないでしょう。

先ほどの営業とお客の話でも、たとえ大きな受注が取れても、それは自分の努力だと
思って自分を誉めるかもしれませんが、そんな横柄なお客さんに有難い気持ちは
起こらないかもしれません。

キャバクラでも、しつこくしたり、説教したり、自慢話を延々と話したり、
しつこくメールや電話をしたり。

受ける側の気持ちを全然考えないで接してはいないでしょうか?

しょせんホステスとか、たかがキャバ嬢みたいな気持ちで接していたら、
彼女たちは100%こちらを向くわけがありません。

たまには、1時間でも2時間でも、キャバ嬢たちが心から楽しめる時間を
演出してみてはいかがでしょうか?

キャバ嬢が仕事じゃなく、普通に飲んでる気分になれるように
頑張ってみてはいかがでしょうか?

キャバ嬢の間でも、人気の客っているみたいですよ。
私からみたら、ダサーい男でも、女の子の間じゃ彼を悪く言う人は
ほとんどいないようなお客さんがいます。

嫌われない努力と、好かれる努力。
それなくして、何か特別なテクニックでキャバ嬢を口説こうというのは、
可能なのかなと疑問に思います。

また今度、どんな演出をしたらいいかを参考までに書いてみますね。

ただし、好きも嫌いも個人差があります。
触られるのが嫌いな子もいれば、あまり気にならない子もいます。

しつこくアタックして、キャバ嬢をゲットした人の話も聞いています。

だから、これさえ知っていればすべての女の子にOKです、なんて方法は
世の中に存在しないと思います。

以上、私の考えまで。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 21:51| キャバクラ資料室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。