2005年03月21日

★キャバ嬢にワイセツ行為 【キャバクラ体験談】

キャバクラの紗季嬢に誘われ、

ドライブをすることになった私は、

彼女に対するムラムラする気持ちを抑えつつ、

車を走らせていました。


ちなみに、私の車は父親のカローラです。


よくキャバクラ嬢に、車持ってます?と聞かれ、

父親と兼用(ほとんど私のもの)ですが、


「持ってるよ」と答えると、


必ず次の質問は、「何乗ってるの?」です。


私の答えは「カローラ」。


ここで、会話は終了します。。。



お金を貯めて、外車でも買いたい。


今まで、そんなこと考えたこともなかったのですが、

キャバクラに行くようになって、

考えがいろいろと変わってきました。


服装だとか、髪型だとか、

ダサイはダサイままなんですが、

自分なりにカッコつけてるつもりです。


リステリンとか、口臭を気にしたり。

女性の存在って、男を変えますよね。


でも、キャバクラ通いをしていたんじゃ、

車は永遠に買えないでしょうね。

もしローンで買ったら、

ローンとキャバクラで2重の出費地獄。


さて、いつものように話が大幅にそれてしまいましたが、

我々はカラオケに行くことにしました。


実は私は、カラオケは大の苦手。

正直言って、曲がぜんぜんわかりません。


だから、大抵は一緒に行った人にずっと歌ってもらいます。


彼女のカラオケの実力は、私の今まで知っている人の中でも

3本の指に入るくらい歌がヘタ。


しかしながら、私は

「歌いなれてるね」とか

「感情がこもってるね」とか

「この歌好きなんだぁ」とか

歌唱力に触れることなく、彼女を持ち上げました。


本人は、すごく気分よく歌っていて、

自分がヘタだという自覚がないみたいです。


何曲か歌って、ちょっとインターバルがあったとき、

私は彼女にちょっと無理やりキスをしました。

(自然にという意味ではないということです)


彼女は無抵抗でした。

ついでに、胸にも触れましたがこれもOKでした。

ますますムラムラしてきたのですが、ここはカラオケ。

これ以上のことはちょっと。。。



続きは彼女の家か・・・



そうして、彼女を送り届け、部屋に上がりたいと言ったのですが、

彼女には拒否されました。


私は理性が抑えきれずに、また彼女にキスをして、胸に触れ、

ブラをはずし、上半身を脱がし始めました。


そうしたら、彼女は今日は駄目だけど、

今度部屋に入ってもいいよと。


ということで、この続きは彼女の部屋に入ったとき。


週末や、たまに平日も彼氏が来てることがあるみたいで、

今日はわからないから駄目とのこと。


しかし彼女は、


「部屋に入ってもいいけど・・・


私の部屋に入ったら、思いっきり引いちゃうと思うよ。」


と告げました。



引いちゃうって?



死ぬほど部屋が汚いとか、

変な宗教をやっていて、大きな仏像みたいなものがあるとか。


いろいろ詮索してみました。



そうして、部屋に入って目にしたものは・・・・




第2章 第17回 『キャバ嬢の部屋で見たものは・・・』へ続く。。。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 20:23| キャバクラ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。