2005年05月02日

★色恋営業とは? 【キャバクラ資料室】

「付き合ってると意図的に勘違いさせて、お店に通わせる」
のが色恋営業です。

そこで、これを定義とさせていただいて、お話をすすめたいと思います。

擬似恋愛なら擬似恋愛で結構です。

「彼氏いるの?」って聞いて、

いるのに「いない」と答えるのは、色恋営業の始まりだと思います。


擬似恋愛を楽しむのであれば、

「そんなことどうでもいいでしょう。 今夜は楽しい時間を過ごしましょう!」

みたいなことは言えないんでしょうかねぇ。

多かれ少なかれ、

「私を個人的に気に入ってもらって、お店に来てもらおう!」

(彼女みたいな存在として勘違いさせて・・・)

という考えがあるんじゃないでしょうか。


ちなみに以前、

「私はお店だけで勝負をかけている!」

と言っていたキャバ嬢は、色恋営業でした。

自分のポリシーで、アフターや店外はしないし、営業電話やメールをしないけど、

店ではバリバリの色恋営業です。(同伴に持ち込むためだそうです)


実は、色恋営業を全くしないキャバ嬢も何人も知っています。

色恋営業をしないキャバ嬢には2種類いて、

1.ヤル気の無いキャバ嬢

2.そのひとときで、やすらぎとか、癒しとか、楽しい時間を与えてくれる

この2番のキャバ嬢が、何人か (ほんの少数ですが) いらっしゃいました。


私がすごく落ち込んでいて、

とてもじゃないけどキャバ嬢と話をしたくない心境でしたが、

ふらっと行ってしまったら、

本当に、今までの落ち込みがどこかへ行ってしまったように、

すっきりして、心のそこから楽しんで帰ったことがありました。


色恋営業という、詐欺まがいの姑息な手段を使うんじゃなく、


"お客を楽しませる"


ということがどういうことなのか、

しっかり勉強して、しっかり努力して、


プロとして、


お店に出ていただきたいものです。


我々お客は、キャバ嬢さんを彼女にしたいと思っているかもしれません。

でも、誰も色恋営業をして欲しいなんて、思っていなんんですよ。


"色恋営業"

それは、勉強や努力のしない、怠慢キャバ嬢の行為であって、

その行為自体、プロとして頑張るホステスさんをはじめ、

真面目に社会で頑張って働いている女性たちの


"価値を下げる行為"

だということを十分に承知してもらいたいです。


CAB.jpg

電子書籍版キャバクラ失敗体験談のお知らせ


magmag.jpg

メールマガジン「続・キャバクラ失敗体験談」

登録はこちらから


面白かった・ためになったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。 

By ハン
posted by ハン at 22:48| キャバクラ資料室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。