2005年11月05日

★グランドフィナーレ  キャバクラ失敗体験談を終えて・・・

みなさ〜ん  ハンで〜す!!


【キャバクラ失敗体験談】 長い間のご愛読ありがとうございました!


私がキャバクラに行かなくなって2年。


私が、京子嬢との一件の傷が癒えた頃、

この【キャバクラ失敗体験談】の執筆を開始しました。


この気持ち、この思いを、このブログにたくして、

私のキャバクラ体験談を聞いていただきたく始めました。


このブログは単なる日記ではなく、読まれる方のことを考えながら、

ひとつひとつの記事を展開を考え、ひとつの回で起承転結があるように、

本当に一生懸命考えて書かせていただきました。


始めた当初は、毎日ワンアクセスでした。

でも、この見ていてくださるたったひとりのために一生懸命書こうと思いました。


始めたのは今年の1月。

そして、冬の到来を感じる11月まで続けることができ、

多くの方にお読みいただいたことを心から感謝しております。


この体験談の意図するところは表題のサブタイトルの通り、

私の失敗体験を通して、多くの方が同じ失敗をしないようにでした。


ちょっと簡単にこのサイトを振り返ってみます。



【キャバクラ失敗体験談 素人編】 全15話

キャバクラというものを全く知らなかった私が、キャバクラの世界に入り、

現実との狭間の中、キャバクラに通い始めます。

ビギナーズラックでキャバ嬢とエッチはするが、ハマるまではいきませんでした。



【キャバクラ失敗体験談 初級編】 全26話

キャバクラ嬢の営業メールにより、ひとりで通い始めます。

ここから、キャバ嬢に対する恋愛感情が生まれてきました。

キャバ嬢の誘いのとおり通いはじめ、借金を作り始めます。



【キャバクラ失敗体験談 泥沼編】 全36話

体験談の中では一番盛り上がったのではないでしょうか。

昼ドラに匹敵する内容だと自負していました。

とにかく、小説のように話が悪いほうへ、悪いほうへと展開されます。



【キャバクラ失敗体験談 キャバ通編】 全28話

キャバクラにすっかり慣れた私が、あちこちのお店を渡り歩き、

あちこちでハプニングが勃発します。

そうして、ついに結婚話に・・・


【キャバクラ失敗体験談 ファイナル】 全26話

高級嬢をめぐり金持ちオジサマとのバトル・・・そして粉砕。



このように、キャバクラを全く知らなかった私が、

キャバクラという舞台を通して成長し、挫折し、また立ち直り、

そして挫折する思いを描きました。



【キャバクラ資料室】 全24記事

キャバクラ用語の深い意味を熱く語っています。


【キャバクラ裏話】 全14記事

キャバ嬢やボーイさんから聞いた、ナイショ情報です。


【キャバクラ大学】 全11回

ちょっとした思いつきで始めました。

これもめちゃ盛り上がりましたね。私にとってもいい思い出です。

毎回熱いコメントをいただきました。

毎日思いつきで書いていましたので、結構大変でした。


【キャバクラアンケート調査】

ご協力いただいて有難うございました。

これは、これからも続けますので、遠慮なくご参加ください。


★キャバラーさん用

★キャバ嬢さん用(元キャバ嬢さんも歓迎です)


そして、常連コメンテーターの KY生さんからのご提案で、

登場キャバ嬢の人気投票をやってはいかがといただきました。

そこで、急きょやってみようと思いましたので、よろしかったらご参加ください。



★体験談登場キャバ嬢 人気アンケート



このような内容でお送りしましたが、数々の思い出がありました。

でも、このブログを始めて、多くの方々にコメントやメールをいただき、

大変励みになりました。

本当に、このブログを始めてよかったなと、心の底から思いました。



★★★ キャバラーさんへ ★★★


この体験談は、みなさまのために書かせていただきました。

「行くな!」とは決して言いません。

でも、後悔をするようなキャバ通いは決してしないでください。

通って楽しんでいる方は、問題はありません。

むしろ、キャバクラとは、そのような場所だと思います。


お金を出して、普段話のできないような女性と話をして、

楽しいひと時を過ごす。


しかし、ハマっている方。

決して、身をほろぼしてはいけません。

キャバクラとは、余裕の中で行くところです。

借金をしてまで行くところではありません。


気持ちはわかります。

でも、借金をして、キャバ嬢と付き合うことができて、

そんな華やかな舞台にいた女性が、借金まみれの男性と、

ずっと付き合っていくことが可能だと思いますか?


借金をしてできた人間関係は、ニセモノです。


それに、本当に友達、又は彼氏的な存在として、

あなたがいるなら、必要以上にお金はかからないはずです。

本当に、あなたのことを考えているのなら、そのキャバ嬢は、

あなたのふところ具合を気にします。


息の長いナンバークラスのキャバ嬢は、

小口の客をたくさん持っているみたいです。

通常の商売もそうですよね。

大口の2、3社だけだったら、何かあったらすぐに潰れて

しまいますよね。


素人嬢ほど、大口に頼るみたいです。


必要以上にお金を使わせるキャバ嬢とは付き合わない。

これが、私の体験から私自身が学んだ鉄則です。




☆☆☆ キャバ嬢さんへ ☆☆☆


もともと、このサイトはキャバクラ&キャバ嬢批判で始めました。


でも、たくさんのキャバ嬢さんのコメントをいただいているうちに、

やっぱりキャバ嬢さんっていいなぁ・・・なんて思ってしまいました。


コメントをくださったキャバ嬢さんの中で、

実際にお会いしたキャバ嬢さんも5名いらっしゃいました。

5名とも、体験談に出てくるキャバ嬢以上に綺麗な方々ばかりでした。


そして、みなさん素敵で魅力的な方々でした。

こういう人たちと出会っていたら、このような体験談は生まれず、

キャバクラに対して、ずっといい思いを持っていたかもしれません。



でも、私の基本的な考えは変わっていません。

キャバ嬢は、接客してナンボの仕事です。

決して、色恋営業してナンボの仕事ではないと思っています。

綺麗ごとのように聞こえるかもしれませんが、

キャバ嬢は女優です。そして、お店は彼女たちの舞台です。

その自覚が無い方々がほとんどです。


だから、私はキャバ嬢の仕事は、詐欺まがいだと言っているのです。

そうじゃなく、「接客」とは何たるかをしっかり学んでいただきたい。

私は、デート無し、アフター無し、おまけに携帯電話の番号も教えていない、

キャバ嬢を何人も知っているし、その中にナンバークラスの子も何人かいます。


本当に、お店の中だけで勝負を賭けている "プロ" のキャバ嬢さんたちです。


マヌケな男をたぶらかせてお金を稼ぐような、低俗なキャバ嬢ではなく、

プロとしてのキャバ嬢を目指していただきたいと願っております。


ご自分の選んだ仕事ですから、誇りをもてるような接客をしてください。


これは、私からのお願いです。



さて、いよいよ最後です。

私自身、このブログには大変愛着があります。

また、いろんな方々に励ましのコメントをいただき、

だからこそ続けることができたのだと思っております。


なぜ終わってしまうのか・・・?

答えは簡単です。

ネタが切れたからです。

このお話は、小説ではなく事実です。

本人が見たら自分のことだとすぐわかるような内容です。

ですから、全ての体験を書いてしまいましたので、

ネタが無く終了ということになってしまいました。


続けていただきたいという有り難い声もありました。

でも、これが続けられない理由なんです。



SpLionさんの「営業スマイル」では、事実に基づいたキャバクラを

舞台にした小説ですので、こちらでも体験談をお楽しみいただけます。



私の日記サイト 「渡る世間は裏ばかり」 はこれからも続きます。


キャバネタはほとんどなくなりますが、私の日常を見て笑ってください。

内容も充実させ、単なる日記ではなく、読まれる方々が

「面白い」「ためになる」と思われる内容になるよう頑張ります。



また、 「キャバクラお悩み相談室」 も継続いたします。

ここは、コメント欄に書かないで、メールでくださいね。

キャバクラ以外のお悩みも歓迎です。

単なる、人生相談のつもりでお気軽にメールください。


お悩みがなくても、メールは大歓迎です。

(誹謗・中傷メールはご勘弁・・・)



本当に、本当に、いままでありがとうございましたぁ〜。

最後に、皆さま方からの暖かいコメントをいただけたら嬉しいです。



みなさん! お元気で!



さようなら・・・





********************************************************




さて、私がキャバクラに行かなくなって2年が経ちました。

(京子嬢とのその後はこちら・・・ここのC子が京子嬢です)


ブログを通して、キャバラーさんやキャバ嬢さんから暖かいコメントをいただくうちに、

ひそかにキャバ復帰を考えていました。


それから地味に通い出し・・・ 


そして、苦節42年にして、ついにキャバ嬢の彼女ができました

彼女はナンバークラスで、デート無し、アフター無し、携帯の番号を教えない、

お店での接客に勝負をかけるホステスです。


どうやって彼女と付き合うようになったか・・・?




それは・・・




また・・・別の話。 




ここはキャバクラ失敗体験談ですから・・・




See You Another Blog  


Bye−Bye!! (´ー`)/~~



面白かったと思った方は、 「恋愛人気Blogランキング」にクリックください。。。
クリックしていただくだけで1票になります。励みになりますのでよろしくお願いします。



※キャバクラ失敗体験談に登場するキャバ嬢の源氏名は実際と異なりますが、
内容は全て事実に基づいて書かれています。


By ハン
posted by ハン at 11:25| Comment(40) | TrackBack(2) | ハンから一言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連載お疲れ様でした。
沢山の極悪キャバ嬢が登場し、読者の僕もキャバにははまるまい!とココロに誓いましたわ。まぁ、そんなにお金が無いので搾り取られる金額は知れてますがね。
実際に見たキャバ嬢、ブログに登場するキャバ嬢、そしてキャバ客である自分。みんなまとめて、普通じゃないです。客と嬢の関係からスタートでは、ホンマに心から友達とか恋人とかって言うのは不可能な話です。
統計をとれば、キャバ嬢もキャバ客もまともじゃない確立は高いと思います。

とにかく、お疲れ様でした。
Posted by coupe-sakura at 2005年11月05日 12:56
>そして、苦節42年にして、ついにキャバ嬢の彼女ができました。

これぞまさしく最後の最後の大ドンデン返し!
ハンさんがこれは小説ではなく事実だと
繰り返し強調されていたのが
今となってはかえって憎たらしく思われてきます。

ということでハンさんめがけて祝福と羨望の
石つぶてを投げつけさせていただきます。
どうもおめでとうございます。
Posted by KY生 at 2005年11月05日 13:03
長い間お疲れ様でした!
いずれは映画や小説、ドラマになるのではないかと思われるこのブログをリアルタイムで見ることができて幸せでした。

最後の「別の話・・・失敗体験談だから」というのナイスですね。
お幸せになってください(^-^)
Posted by だいすけ at 2005年11月05日 13:06
長い間おつかれさまでした。
また日記ブログにコメント&メールさせていただきます。

そして、苦節42年にして、ついにキャバ嬢の彼女ができました。

こんなオチがあったなんて(笑)おめでとうございます。その内、教えて下さいね。
Posted by toto at 2005年11月05日 14:42
お疲れ様でした。
ちょうど2月くらいに友人のキャバ狂いを止めるため、キャバについて色々と調べるようになり・・
そんな時読み出したのがこの失敗体験談。
なにを学習したのか、今では自分がはまっています。

ながかったようで、短いような。
自分のほうも頑張って書いていきますので
これからもよろしくお願いしますね。
『営業SMILE』 ← 友人の恋物語

『営業SMILE2(仮)』 ← 俺が主人公になっていたりして・・

本当にお疲れ様でした★
Posted by SpLion at 2005年11月05日 15:05
お疲れさまでした。

ちょうど、キャバクラに行くのを止めようかどうかと、悩んでいたころに、出会ったのがこちらのブログでした。読み始めて、半年。

結局のところ、行くのを止めたのですが、その理由は、ハンさんのような華々しい経験とは違ううすぅ〜いキャバ経験の中、「ブログを読むことに楽しみを覚えた」ことにほかありません(笑)。

ふたたび、相談室にお世話になるかどうかは分かりませんが、また、日記ブログの方に訪問させていただきます。でわ。
Posted by miko at 2005年11月05日 16:37
ありがとうございました。

このプログを知ったのは数週間前。私がキャバに通い始めた時期です。ただのキャバ狂いになるところでしたが、ハンさんのプログで勉強させていただきました。自分を客観視したほうが良いのかなあとも思いプログも作ってみました。

また「相談室」の方にも相談に伺おうと思います。

ほんとうにお疲れさまでした。
Posted by はらけん at 2005年11月05日 20:59
とうとう本当の終わりが来てしまいましたね。それから彼女とも仲良くしてくださいね。そんな大きなオチを最後の最後に持ってこられるとは想像していませんでした(笑)
彼女に悪いですけれど、このブログをしばらくそのままにして置いてください。アンケート参加のため、もう一度読み直したいので(笑)
では、日記ブログのほうでお会いしましょう。
Posted by dametora at 2005年11月06日 00:09
わたしもキャバクラに多少通ってますが、いろんな嬢がいるなぁと思いながら読んでました。
アンケートのために復習します。

ついに彼女ができたんですね!
おめでとうございます☆

これからは、日記サイトの方にコメントつけますね。それでは、お幸せに。
Posted by Mr.G at 2005年11月06日 07:31
ハンさん、お疲れ様でした。
今年の6月頃、キャバに行き始めちょっと気になる子ができたときに、キャバ嬢のこと知りたくて、このブログに出会いました。

失敗談なのに…僕はキャバ通いを始め、そしてブログも始めました。意図に沿ってなくて、すいません。

ハッピーエンドでよかったです。
その成功の秘訣をご教授頂きたく
思ってしまいます。
Posted by esid at 2005年11月06日 18:24
お疲れ様でした。
一服したらきっと帰って来る日を待ってます!!!そして彼女GET!おめでとうございました!。その後のご報告、吉報待っております!!!
See U sーn!
渡裏は遊びに行きます。
Posted by eNa at 2005年11月08日 01:24
お疲れ様でした☆
最後は、あゆみとって、痛いことが
書いてありますが、お客さまの
気持ちとして、胸に刻んで
お仕事していきます☆
でも、ちゃんとハッピエンドで
よかったです☆
日記サイトにも遊びにいきますね☆
また、よろしくおねがいします☆
Posted by あゆみ at 2005年11月08日 01:38
ハンさん、本当にお疲れ様でした!
私がキャバ嬢を辞めてから、ハンさんもブログを閉じてくれて、うれしいです。

ただ、読む限り非常に心を傷める内容だったため、正直つらかったです...。

これからは嬢としてではなく、彼女としてあなたのそばにいます。今後ともどうぞよろしくお願いしますね!

そして、体験談を愛読してくださった皆さんに心から御礼申し上げます。
本当に長い間ありがとうございました!
Posted by ナナ at 2005年11月08日 11:17
☆sakuraさん

ありがとうございます。
ハハハ(汗 極悪キャバ嬢ですか・・・
まぁ、私自身も振る舞い方がわからなかったもので、結果多くの変な体験をしてしまう
ことになってしまいました。

このブログを書いて運営していた私が言うのもなんですが、
私も普通の人は、キャバで働かないし、キャバに行かないと思います。

ちょっとだけキャバ嬢を擁護させていただくと、ホステス業という職業を確立させるのであれば、
ごくごく、本当にマレにプロのホステスさんっていると思います。

でも、この世界。10代でナンバーワンになっちゃうんです。
こんなのって、他の世界じゃあまり考えられないですよね。
うーんとすごい下積みでもあったんならいざ知らず、
なんの経験がなくても、単に可愛いとか、ノリがいいだけで、一番稼げてしまうわけですから。
まぁ、それも天性と言えば、それまでですが。

だから、私はこの世界は詐欺と紙一重だと思っているんです。
お客に勘違いさせて稼ぐということですね。

お客も、なぜあんなに高いお金を出して、キャバに行くんでしょうか?
それは、あんなに高いお金を出さなければ、女性と話ができない人がほとんどだからです。
また、他に楽しみが無い人と言ってもいいでしょう。
だから、キャバに行く人はまともじゃないと言えるのかもしれません。

お金持ちが、余裕の中で、道楽で行く分には問題ないと思いますが。
むしろ、キャバクラってそんなところじゃないんですかねぇ。

いままで、たくさんのコメントをありがとうございました!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:28
☆KY生さん

そんな・・・いじめないでくださいよぉ。
私も執筆中は彼女がいなかったわけで、
なんか書いているうちに(特に大学の記事)、自分でもノウハが
わかってきたような感じでした。
今度機会があったら、このことをしっかりまとめて、皆様と楽しみを
共有したいと思います。

ですから・・・石つぶてはご勘弁を・・・

いままでたくさんのコメントやアドバイスをありがとうございました。
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:29
☆だいすけさん

映画、小説、ドラマですか・・・いいですねぇ。印税暮らしをしてみたいです。
私自身、そこそこいいできだと思っているんですが、なにせ事実なので、もう少し
展開に面白さが欠けるところがあったかもしれません。
今度はこれをベースに小説にして、本格的な作家デビューを目指そうかな・・・と。

どうもありがとうございました。
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:29
☆totoさん

ありがとうございます。
まだまだ、日記ブログはありますので、引き続きよろしくお願いします。
最後のオチは、そうなる予定なんて全くなかったんですが、
人生ってわからないものですね。
キャバクラ批判で始めたこのブログなのに・・・

彼女の話はご存知の通りです。
これからもよろしくお願いしますね。
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:30
☆SpLionさん

そんなに長くこのブログをお読みだったんですか?
ありがとうございます。
「営業SMILE」も楽しみにしてますね。

すみません・・・「SMILE」を「スマイル」と書いてしまいました。

同じアメブロなので、これからも良きお付き合いを!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:30
☆mikoさん

いつもコメントをありがとうございました。
みなさんいろんな思いでこのブログをお読みになっていたんですね。
私の経験が華々しい・・・とんでもない。
高額な借金を作れば、誰でも体験できますよ。

ただ、キャバを辞めてブログに走ったのは大正解です。
私も、ブログに傾倒するだけで、十分楽しめてると思います。
それに、かかる金額たるや、雲泥の差ですからね。

ブログだと、出かけなくていいし、お金かからないし、
その割りに楽しいコミュニケーションは取れるし。

これからもよろしくお願いします!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:31
☆はらけんさん

ありがとうございます。
まさに、はらけんさんのコメントが、私のこの体験談を始めた意図とするところなんです。
このようなコメントをいただけると、本当に始めて、そして続けてよかったなと思います。
賢く遊べば、キャバクラも楽しいところです。
化かし合いをしに行くんじゃなくて、楽しいひとときを過ごすところでありたいですよね。

相談室も遠慮なくメールください。
別に、相談事が無くても、大歓迎ですよ!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:32
☆dametoraさん

そうなんです。キャバクラ失敗体験談は、必ず「オチ」があるんです。
彼女ができたのに、実は彼氏がいたとか、嬢の家に行ったのに、子供の写真が飾ってあったとか。
しかし、今回の最後の「オチ」は完全に想定外ですね。
むしろ、このブログを始めなかったらできなかった彼女ですからね。
何が災いして、何が幸いとなるのかは、本当に人生って読めないですよね。

でも・・・ひょっとしたら、ここに新たな失敗体験談が始まったりして。
「オレと別れたら、ブログに書くぞ!」と脅してます(笑)

アンケートよろしくお願いしますね!
これからも日記サイトをよろしくお願いします。
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:32
☆Mr.Gさん

本当にたくさんのコメントをありがとうございました。
確かに、私も振り返ってみて、いろんな人と知り合ったなぁと思います。
ここに出てきている嬢は、多分ほんのひと握りです。
指名していても、載せていない嬢もたくさんいます。
(逆に指名していないのにクローズアップしている嬢もいます)

このサイトを始めて、当時のことが走馬灯のように思い出されました。
自分を振り返るいい機会にもなりました。
そして、初めてのキャバから今まで、もう10年も経過しているんです。
本当に、長い長い体験談だったんです。

いままでありがとうございました。
また、アンケートや日記サイト、メールもよろしくお願いします。
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:33
☆esidさん

ありがとうございます。
アメブロでいつもお世話になっています。
変な失敗談にならないように気をつけてください(笑)
ハッピーエンドは想定外だったんですが、おかげさまで体験談の「オチ」ができました。
esidさんも、ますます充実したブログになりますように、応援しています。
アメブロの日記サイトもよろしくお願いします。
また、遊びに行きますね!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:33
☆eNaさん

eNaさんは、ホントにまだこのブログを始めたときから、リンクを貼っていただいていたんですよね。
本当に長い間、見守っていただいてうれしく思います。
これからは、日記サイト中心になりますが・・・またまた失敗体験があるかもぉ。
その時は、再びこのサイトが始まりますが、そのようなことは願いたくないですね(笑)

日記サイトもよろしくお願いします。
しかし・・・ブログやめちゃう人が多いのに、eNaさんは息が長い・・・すごい!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:34
☆あゆみさん

痛いなんて言わないでくださいよ。
キャバクラは決して、勘違いをさせてお金を稼ぐところではなく、
お客を楽しい気分にさせるところだと思います。
あゆみさんが、もっともっと素敵なキャバ嬢さんになれたらと
思っております。
街角のどこかで、お会いしているかもしれませんが、
いろんな出会いを大切にしたいですね!

あゆみさんのブログにも遊びに行きますね!
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:34
☆ナナへ

いろいろと辛い目にあわせてしまってごめんなさい。
このように、このサイトはいろんな人に応援してくださっていて、本当に励まされているんです。
私のわがままをお許しください。

そして、これがハンとして最後のメッセージです。
これからあなたを大切にしますので、
一緒に幸せになりましょう!


↑ということで、私の彼女からのコメントでした。
Posted by ハン at 2005年11月08日 12:39
とてもおもしろくて毎回楽しみにしていました。

で、最後の感想を書かせてください。

「結局、キャバ嬢の彼女なんだ」
じゃあ失敗談もめでたしだから
結局失敗じゃなかったんだね、やっぱり。

Posted by ゆか at 2005年11月09日 01:51
すっごく楽しかったです♪
ぁたしはそんな風な嬢ではないので、感情的には男の立場でしたが、ゃはり男目線と女目線では違うのかにゃ?とか思ったりしてました
ナナさんとハンさん、お幸せに♪
てか、やはりこのブログがひきあわせたのかしら??
だとしたらステキですね♪
Posted by ゆうな at 2005年11月09日 04:54
☆ゆかさん

いつもお読みいただいていまして有難うございました。
ひとつだけ言い訳させてくださいね。
このブログは、始める前から「素人編」から「ファイナル」まで構成が決まっていたんです。
その間、(キャバ通編とファイナルの間)に彼女ができたんです。
ですから、当初はキャバクラ失敗体験談で、熱くキャバ嬢批判をしていたんですが、後半からだんだんとトーンが下がってきたのにお気づきですか?
内容は変わっていないんですが、表現が若干変わってきたんです。
というわけで、今回彼女ができたのは、本当に想定外だったのです。
なんか皆さんを裏切ったような気もしますが、ただキャバクラ大学の主宰でもありますので、
私が成功しなければ説得力はないですよね。
まるで、デブがヤセ薬を売ってるみたいで・・・

これからはよかったら、日記サイトもご覧ください。
コメントありがとうございました!
Posted by ハン at 2005年11月09日 23:09
☆ゆうなさん

コメントありがとうございます。
そうですね、男性目線と女性目線は違いますよね。
特に、このブログは通常の男性の運営するキャバクラサイトともちょっと違うところもあるんですよ。
通常は、いかにキャバ嬢を口説くか、または何もないという内容が多いんですが、
このサイトはちょっと角度が違うんです。
何が違うかというと、
私はそもそもキャバクラが好きじゃないんです。
今でも、そんなに好きじゃありません。

そして、確かに彼女はこのサイトの読者でした。
このブログを始めなければ、出会っていませんでした。
そういう意味では、このブログを始めて本当によかったと思います。

いつか、「成功体験談」を皆さま方のために書くことができたらと思います。

これからも、日記サイトをよろしくお願いします。
Posted by ハン at 2005年11月09日 23:15
とても意義深く、中身の濃い内容だったと思います。ハンさんを通じ、キャバクラに行く時にどのような心構えで行ったほうがよいのかがよくわかります。”余裕のあるときにいくところ”決して金銭的にはまるものではないことも。
それと、ハンさんにメールを通じいろいろとお話したいのですが、家のPCが見事に壊れてしまい、少しメールが遅れてしまいます。ご容赦願います。またメールにて・・。
Posted by ジェダイ at 2005年11月12日 04:26
☆ジャダイさん

たくさんのコメントをありがとうございました!
ジャダイさんのためになったのであれば、非常に嬉しいかぎりです。
メールお待ちしてますね。これからもよろしくお願いします!
Posted by ハン at 2005年11月13日 14:05
遅くなりましたがハンさん連載おつかれさまでした。
ずっと楽しみに読ませてもらってたので終わってしまうのは寂しいけれど
失敗体験談が現在進行形の成功談になったみたいでよかったです(^^)
Posted by MoMo at 2005年11月14日 15:49
☆MoMoさん

コメントありがとうございます。
MoMoさんも、このブログの初期の読者さんでしたよね。
ずっとお読みいただきありがとうございました。
消え行くブロガーがたくさんいる中で、MoMoさんは、ホントに息が長いですよね。
この辺が、MoMoさんの真面目さがうかがえますね。

私のブログは終わったわけじゃないので、よろしかったら日記サイトもよろしくお願いします。
Posted by ハン at 2005年11月16日 00:29
3日前にこのブログを見つけ、今やっと読み終えました。とても面白かったです。
今10歳下の指名嬢と付き合ってるので、いろいろと参考にさせていただきます。

お幸せに☆
Posted by まろ at 2006年03月26日 12:10
☆まろさん

コメントありがとうございます。
また、ブログを全部お読みいただきありがとうございます。

10歳年下のキャバ嬢の彼女ですか。
どうですか?うまく付き合っていますか?
私自身は、いろんな問題を感じるものですが、
問題が無ければそれでいいと思います。
お幸せにね。

またよろしかったらコメントください。
Posted by ハン at 2006年03月27日 07:40
読んでいて、他人事のように思えませんでした。
一気に読んでしまいました。学べることが多かったです。貴重な体験をシェアしていただきありがとうございました。
Posted by かも ねぎお at 2007年08月25日 16:49
初めまして!

今更。。のコメントかもしれませんが、コメントせずにはいられない気持ちになりコメントさせて頂きます。

Googleで色々検索していたところ、たまたま貴兄のブログを見つけ、1章から5章一気に拝読させて頂きました。

大変、読み応えがあり、一言では感想は述べられませんが、キャバ、恋愛、お仕事と色々な経験をされていて、とても魅力のある方だと感じました。

最後のハッピーエンドは、他人毎ならが、とても嬉しくなりました。

ありがとうございました。
Posted by カズキンです at 2007年11月20日 00:23
 今更ながらの 初めましてのコメントをお許しください。 私はキャバクラ通いを止めくれない彼のことに悩んで、彼の好きなキャバクラの事を知りたくて調べているうちに、ハンさんのブログにたどり着きました。
はじめから全て読ませて頂きました。この世界の事を殆ど知らない24才の私にとっては、キャバクラという処は彼を奪ってしまう悪としか思っていませんでした。けれどそれだけではないキャバクラの姿を見せて頂いた様に思います。だからと言って好きになる事は出来ませんが、私に足りないキャバ嬢さんの魅力を知る事が出来たのではないかと思っています。ありがとうございました。
 そして、ハンさんとナナさんの最後のやり取りに感動しました。お二人の幸せをお祈りしています。
Posted by Re at 2008年02月10日 15:10
心が綺麗な方の周りには心の綺麗な人が集まるものです
どの世界でも同じだと思います
Posted by at 2012年02月12日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログ拝見しました。
Excerpt: 楽しい話、続き楽しみにしています。しかし、キャバクラやホモバー、オカマバーネタは小説に使うと面白ですね。今度、全面的に男女の性を超越したお店の話を小説にしたいところです。
Weblog: 佐伯竹馬のアウトロー文庫
Tracked: 2005-11-19 03:46

またブックマーク
Excerpt: ★グランドフィナーレ キャバクラ失敗体験談を終えて・・・
Weblog: Priority Inversion
Tracked: 2005-12-09 08:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。